FC2ブログ

徒然音楽日記(新) Saxophone - Yuki Yoshio

日々の活動の記録

サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」 プログラムノート

サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」
サン=サーンスはその生涯に、(番号なしの作品を含めれば)交響曲を5曲書いている。
この「オルガン付き」と銘打たれたこの曲はサン=サーンスの最後の交響曲作品となった。この交響曲は、構成上4楽章形式に見えるが、
実際は2楽章形式である。通常の第1楽章と第2楽章、第3楽章と第4楽章はそれぞれ統合されておりそれぞれを楽章と呼ばず、1部・2部としている。
このようにサン=サーンスは伝統的なスタイルを踏まえつつも、新たな交響曲スタイルの提示をしたのである。
この交響曲の最も大きな特徴は、編成の中にオルガンが含まれているということだ。
サン=サーンスはオルガンを、音量増強のためだけではなく、時にソロパートとして、時にはオケと対等な響きを持つ楽器として扱った。
彼はオルガン奏者も務めていたので、オルガンを十二分に鳴らす方法は熟知していたのだ。
西洋音楽史上、オルガン付きの交響曲はこの作品以前にも存在するが「オーケストラの中のオルガン」として成功した作品は、この曲が最初であろう。
2つ目の特徴は1つのメロディ(主題と呼ばれる)を何度も形や音の高さを変えてその主題を軸に曲を拡げていく「循環形式」という技法を採っていることだ。(曲の中で主人公のような扱いを受けるメロディ、とでも言えよう)
この曲の中の主人公のメロディを、シャープとフラットを無視して以下に記してみよう。「ミーレーミードーレーミーソーファーファーミーレーミードーミーレードーシ」と、なる。
実はこの曲の中の主人公、モデルにされているであろう旋律がある。それは、グレゴリオ聖歌の「怒りの日」という旋律である。これに、サン=サーンスのこの交響曲のテーマが酷似しているのだ。
彼はこの曲以外にも、「怒りの日」の断片を組み込んだ曲を作曲していることから(死の舞踏などが良い例だ)、この旋律の導入は意図的であったことは間違いない。
何故、彼はこの交響曲に「怒りの日」を織り込んだのだろうか。「怒りの日」は時に断片的なメロディとして、時に高さを変えたメロディとして、この怒りは運命なのか偶然なのか…様々な角度からその表情を見せる。
この曲は曲そのものの派手さから、ついついエンターテイメント属性が目立つ曲、悪く言えば表面的な音楽と受け取られてしまいがちな部分があるが、その堅牢な構成を意識しながらこの作品を味わえば、
この曲が如何に計算されつくされている曲か、理解に苦しむことは無いであろう。間違いなくこの曲は、数多くあるオーケストラの交響曲作品の中での傑作である。

第1楽章 第1部 アダージョーアレグロ・モデラート ハ短調 8分の6拍子、ソナタ形式。
穏やかな弦楽器の序奏に、天に昇るような美しいオーボエのソロから音楽は始まる。
このオーボエのソロから、主人公のメロディの断片は現れているのだ。
低音楽器がオーボエの音形を3回なぞり、不穏な空気のアレグロへと静かに移る。
ここで、弦楽器が曲全体に掛かる「怒りの日」のメロディ、つまり第一主題の全貌を見せるのだ。
その後、不穏な空気とは対を成す穏やかな第二主題をヴァイオリンが歌い、大胆な転調を何度もしながら曲は進む。
第1部は主人公的扱いを受けるメロディがわかりやすい曲であるので、もしも交響曲を聴き慣れていない方であれば、それを意識しながら聴いて頂ければ楽しんで頂けると思う。
第1楽章 第2部 ポコ・アダージョ 変ニ長調 4分の4拍子
この曲の最大の特徴、オルガンの静かな低音から曲は始まる。その低音を伴奏とし、弦楽器が静かにユニゾンでメロディを奏する。
それを、トロンボーン、クラリネット、ホルンが同じメロディを受け継ぎ、弦楽器からは儚くも美しい伴奏を聴くことが出来る。
再び、弦楽器、管楽器と2つ目のメロディが提示され、曲は展開部へと進む。
展開部は弦楽器とオルガンのアンサンブルで、第2部の最初のメロディの変奏をする。
静かでとても繊細な弦楽器の音色を味わうことが出来るであろう。
その後、コントラバスが「怒りの日」の主題をピッツィカートで歌い、
大胆な転調を当たり前のようにこなした後、変二長調へと戻り再び最第2部最初のメロディを奏し、コーダへ、静かに第1楽章を終える。
第2楽章 第1部 アレグロ・モデラートープレストーアレグロ・モデラートープレスト 8分の6拍子
強烈な弦楽器のユニゾンから曲は始まる。この強烈なユニゾンにも怒りの日の断片は含まれている。
より形が分かりやすくなった旋律がその後の木管楽器群の旋律である。この旋律は「怒りの日」の前半部分をリズムを変え丁寧になぞっている。
その後1度目のプレストは、空を飛んでいるような明るく、自由な楽想で疾走感あふれる作りとなっている。随所のパートが4分の2拍子になっていて、
リズムの対比を楽しみながら旋律を聴けるのも楽しい。ピアノとの掛け合いも必聴だ。
2度目のプレストは、明るく楽しいものとは打って変わってドラマチックな展開を見せる。
低音が第2主題の変容を美しく奏すると、その合間に思い出したように1度目のプレストの断片が現れる。
木管楽器が静かに回想を終えると次は弦楽器の極めて繊細なアンサンブルを聴くことが出来る。
オーボエの物哀しいソロの後、アタッカで第2部へ。
第2楽章 第2部  マエストーソーアレグロ  
前奏付きの自由なソナタ形式。オルガンの強烈な和音から始まる。「怒りの日」の主題は長調に移調されて、4手のピアノ伴奏と共に現れる。これが第2部1つ目のテーマだ。
その後、ソリスティックとも言えるオルガンの響きが主題をもう一度奏した後、曲はフガータ(フーガの様な曲の部分の事である)へと進む。
そのフーガの主題も「怒りの日」である。リズムは違うが、注意深く聴いていて頂ければお気づきになるだろう。
次にオーボエのソロから始まる新しい場面となる。これは第2部における2つ目の主題となる。
何度もメロディの受け渡しが終わると、再び1つ目のテーマが低弦楽器によって再現される。これによりふただび音楽を盛り上げ、
その後の弦楽器のユニゾンによるテーマの大合奏は展開部としては最大の聴きどころとなる。その直後に管楽器全員でのテーマの大合奏が、大変華やかに奏されるのだ。
曲は自然に再現部へと進む。低音楽器と高音楽器のテーマの掛け合いは、この曲のラストへの弾道となる。その後トロンボーンが本気を出すとそれに触発されるように管楽器は急き込みながらテーマを奏し、壮大なフィナーレの後、ティンパニの全身全霊を込めたソロを受け、壮大に曲を閉じる。


…と、この約2000文字(あれ1500だっけどっちだっけ)に及ぶ文章を夏の定期演奏会のプログラムに掲載させていただきました。今思えばこれはひどい。長すぎる。ボレロも600文字以上。ラロも1100文字。…開場から開演までの30分で読める量じゃない…。笑笑
しかも、書いてあることもかなり突っ込んでる。信憑性が…薄そうだ…いや自分なりにはたくさん調べたんですけどね…。
ちなみに、(突っ込みすぎて表には載せるの怖いから)裏プロに書いてみちゃう?というかなり突っ込んだ裏ノートも(まだ書いてんのかい)存在するので、今日は
そちらも載せてみようと思う。

ちなみに、何を突っ込んでいるか、というと
サン=サーンスの交響曲3番における「循環形式」と「怒りの日」の因果関係である。
本来は、プログラムノートの中にこれらの文章が入るのです。。


この交響曲は、「苦悩から歓喜へ」という、ベートーベンの運命交響曲やブラームスの交響曲第1番と言った超名曲と同じ形式が取られている(ここでは割愛させていただくが、ベートーベン以来のハ短調の交響曲には苦悩から歓喜へ、というジンクスの様なモノが存在する)が、
曲全体を通して、「怒り」という暗の感情を循環形式という技法で執拗にテーマを繰り返しているとしたら…それは、静かではあるがはっきりと逆説的な主張(暗から明への形式の破壊)をしているのではないだろうか。
この交響曲はその豪華絢爛さからエンターテイメント性の高い曲、と評価されがちだが、これほど執拗な「怒りの日」の数々…この交響曲が新たなスタイルと言われたのは、楽章形式でもなくオルガンの技法でもなく、
苦悩から歓喜へ、という先代作曲家の残した課題の破壊なのでは無いだろうか。この交響曲に、エンターテイメントと言う言葉は無い。間違いなくこの曲は、数多くあるオーケストラの交響曲作品の中での傑作である。




…というね。
日本語力不足を実感させられますねこれww
まー何が言いたいって、ハ短調交響曲は苦悩から歓喜へ、という無言のメッセージから昔からあって、
サン=サーンスは「怒りの日」のメロディを循環形式という技法を取ることによって、
表面的な調性では歓喜を、内面的な心理では「怒り」…すなわち、ジンクスの破壊を試みたということだと吉尾は思っている。
そういう意味でこの曲は、交響曲として最高の成功を収めた曲だと思っているのです。
まあ正直解釈突っ込みすぎて、偏ってるかもなって思ってる部分もありますがw

ここ何日か(また英語サボってるぞ吉尾)

24日。
朝午前中合わせ。
昼、レッスン。(ダブル)
夜、バンド。
25日。
コンクール。(6分超えてた…www失格…www)
卒ライ。
26日。
休みの日。
ゆっくり練習…。
27日。
クリエイティブに過ごす。
本を5冊買う。
勉強をしようと思い始める。

という感じですな。
サボってる感満載でごめんなさい。何に謝ってるかってなんか分かんないけどとりあえず頑張って更新しようって決めた過去の自分自身?()。笑笑
あしたもゆっくり出来るので…明日はサン=サーンスでも書くか。。

タブレット買った!嬉しい!!>< ←

タブレットを買いました!
前から楽譜を持ち歩きたいと思っていたから、ほんとうに嬉しい。
有効活用できるように頑張ります。

I had bought a tablet!!
I thought that I want to bring music sheets, so it makes me very very grad!!
I'll try to be able to effective use.(効果的…??)

日本語でいろいろ書きたいことがあるからこれくらいに(ノルマが1記事じゃなくて3文とかになってる…)。
これからは携帯電話とタブレットの2台持ち生活になる。
自分の買ったタブレットには通話機能がなく、通話としての機能を使うには別途携帯電話を用意しなければならないとの事だった。
そのため、今まで使っていたMOTOROLAを通話の機能だけ残し、他の機能をタブレットに移行。
タブレットでの通話は、LINEやskypeのようなものでしか出来ない。

あと地味に嫌だなと思ったのが通信制限。1月あたり7GBまで。
それ以降は通信速度を125kps(?)まで落とされる。体感はしてないが絶対に遅い。ストレスになる。
今日、タブレットに必要なアプリ、使ってみたいアプリ入れてみた、というので700MB。
youtube5−6本、高画質の画面で楽しんだ。200mb(全部5分程度の動画だとおもう)
その他、アプリなどの通信が少しずつ…と1日で1GB近く使っている。今のところ。
しかし今回はタブレットを買ったばかりということで、ダウンロードしなければならないアプリが多く、
それの容量が大きかったり…ということで致し方ない部分ではあると思うが、今までスマホを使っていた程度で、
タブレットを扱うとどれくらいまでなるのだろうか…。
とりあえず、早く家のWi-fiに繋げて、外でタブレットを利用する際の通信料のストレージを少しでも多く確保しておきたい。

最近の練習、最近の思うこと(エゴたくさんでウザい記事になりました☆)

今日は日本語だけ。()
なんだか英語の記事は2記事に1度みたいなペースが定着しそうである。笑笑

音楽は、クラシック音楽だけではない。サクソフォン専攻の人間として、音楽高校ではクラシック音楽を勉強してきたが、この世界の音楽はクラシック音楽だけではないし、他のジャンルの音楽にも、理屈では説明できないような感動もあるし、その力は計り知れないようなこともある。

月末にはクラシック音楽以外の音楽で本番を経験させていただく機会があり、そちらの方ではアドリブもこなさなければならないし、必要な音色、表現のニュアンス、様々な点に於いてクラシック音楽と全く違うアプローチで挑まなければならず、苦労もしているが充実感もある。
ジャズ、ポップス、映画音楽…様々なジャンル、様々な音楽、シーンが存在するが、やはり魅力的な音楽や旋律は存在すると思う。
クラシック音楽がどうして一部の人からしか支持が得られないか、というのを考えた時に、(今現在の考え)
傲慢な言い方だが、そもそもクラシック音楽という、曲そのものの完成度、価値、作曲技法の高度さ、…そういうものの理解普及がちょっと足りないのではないかと思う。
クラシック音楽にしか表現できない表現というのも確かに存在すると思う。
それは、作曲家が自分の作曲の技術を全て込めて書き、美しい旋律を身を削り生み出し、多彩な感情を和声に描く。
演奏者は、作曲者への敬意、演奏できる環境への感謝、幸せの実感、自分が楽器を通して表現したいこと、このような様々な感情を音として、命を削って磨いた音色で観客を魅了する。
今はなんとなく、自分はそう思っている。クラシック音楽。
曲に関わる全ての人間それぞれが、全力を尽くして物事に挑む。それによって生まれる衝撃こそが、クラシック音楽にしか出来ない表現なのかもしれない。いや、分からないけれど。
分からないし、こんな自分のエゴイズムなんかまあブログに書いても意味ないんだけど。意味ないんだけど、
結局自分のためにブログ書いてるようなもんだし、バカ晒しても若気の至り晒してでも書き残しておこう。

物事に関わる全ての人間が自分の情熱や信念のために全身全霊を込めるのはクラシック音楽に限ったことではないしさらに広く言えば音楽だけの話でもないだろう。
企画、商品、料理、…なんとなくすぐに出てきたのがそういうのだけど、そういうのじゃなくて、やっぱりすべての事に於いて、全身全霊とか全力とか尽くしてる姿勢が、そのプロフェッショナルの精神を支えるんだと思うし、夢とか目標とかに向かって進む原動力になっているんだろうな、と思う。
前々から書いてるけど本当に今の自分はそういう思いや能力が足りないし、自分の音楽へのこだわり、自分の表現したいこと、そういうものが漠然とあったとしても、それを叶えるための努力や方法を考えられたかどうかと言われたら全然そうじゃないと思うし、そんなんではどんなことをやってもダメなままなんだろうなと思ってしまう。

これから浪人の1年間、学校以外の外の世界にたくさん触れることが多くなると思う。
様々な世界をもっと知りたいし、そういうところからどんどん自分にできることを探したい。
自分を動かす原動力になる出来事や、感動する出来事、驚きや刺激をたくさん受けたいし、
そういう外からの刺激を大切に出来るようになりたいし、
自分自身も外に向けて広く、様々なアンテナを張れる人間でありたい。

どんどん、自分で出来る行動はたくさん企画していきたい、
常に自分から、様々な世界に「生産」をしていけるような人間でありたい。

来年度は、録音をいろいろいじりまして、
他楽器とのアンサンブルを必死に研究し、
自分自身の表現の引き出し、音色の引き出し、技術的なレベルアップ…というかもう全部全部レベルアップします頑張ります。死ぬ気で練習します。今まで手抜き過ぎました。適当過ぎる人間で本当にごめんなさい。笑
もう、いい加減本当にまじめにやらなきゃ。姿勢姿勢。姿勢。姿勢。

記事をまとめられなくなってきた。
そろそろ終わりにします。笑笑

そうか!!

私は気づいた。
英文を書くのが大変なら、ブログの記事を短くすれば良いということに。
日本語が長いから、翻訳が大変なんだ。
一回目は、2時間以上かかりました。笑笑

今日はピアノレッスンでした。
たくさん怒られました。
難しい曲を練習しているのだから、基礎的な奏法からしっかり見直していかないといけないなと思いました。
また頑張ろう。

I noticed.
If it was difficult for me to write English, I should write English more short.
I had a hard time to write English.Because Japanese sentences was too long.
In fact, at first time, I spent 2 hours for write. Xo

Today, I went to piano lesson.
I was angry a lot.
I practicing difficult piece, so I have to more check basic rendition.(基礎的な奏法、特に奏法の英訳が分からん。)

Do my best again.

時間がないよ!!

今日は英語休み。日付変わる前に終わらないよ…笑笑
today,English is absent!!スペルもわからん!
I can't finish until today.日付変わる前つてなんていうの!!!

今日は午前中練習した後、2件ほど演奏を聴きに行きました。

中学の時の友達の卒業ライブ。
曲目こそ少なかったけど、管楽器がやっぱりたくさんいると迫力出て羨ましい。
音楽にのめりこんでしまった人間に言わせると、自分の友達が音楽を趣味でも続けてくれているというのは心強いしとても嬉しい。

2件目は蒲田の方まで行きとある高校の吹奏楽部の定期演奏会。
これまた楽しかった。
勉強すごい頑張ってるだけあって、知的な部分が垣間見えた。
こちらも、中学の時の友達が出演していて、わざわざ誘ってくれたので喜んで行ってきたわけだ。(半月前に遊んだばっかだけどね)

二つの演奏において共通する部分はやはり、知り合いの演奏というものは演奏の質云々抜きにしても楽しい。
音楽の演奏を職にするということは、不特定多数のお客様に対してニーズに応えつつ演奏する、という難しい側面がやはりある感じがするんですが(まあそういうのをしっかりこなせるのがプロなんでしょうわかんないけどね!)やっぱり、距離感の近い人に向けて演奏する音楽って、なんとも言い表せない質の違いというのを感じる。良くわかんないけど。
ひらべったくいっちゃえば、伝える技術よりも大切なこと、というのを再認識した感じだろうか。
もちろん気持ちだけで暗黒の了解ラインまで押し切れるとは思わないけれど、やっぱり音楽に向かう姿勢とかそういうのを。自分こそ、もう一度考え直さなければならないと思いました。

実際、大学に万が一入れたとしても、その先どうなるかなんて本当に漠然としているし。
いつまでも好き勝手やってられないのかなとか思う今日この頃。地味にネガティブ。
笑笑

英語はじめました

浪人って決まるとやはり…やりたいことってのがまあたくさん出てくるわけで。
その中の1つ、英語。
高校でやった英語とかじゃなくて、自分で話したいことを話せる能力。
書きたいことを書ける能力というのがすごい欲しいわけでですね。
英語で書いてあるウェブページって、世界中の8割を占めてる、なんていう強烈な文章を見かけたことがあって
逆に言えば英語が読めてしまえば、自分さえ望めば世界の8割のウェブページは解読することが出来る、と言うわけですな。
そんな無駄にポジティブな考えを持ってしまったので、自分もグローバル化しようと。
痛々しさ100%な企画で申し訳ないんですけど、これから書く記事、自分が日本語を書いた後に英語に訳す縛りやります。笑笑
まあそうするとこっちの日本語もあんまり下手なことは書けなくなってくるわけだし、
例えば
「まあそうするとこっちの日本語もあんまり下手なことは書けなくなってくるわけだし」
を英文から直訳させるのだとしたら
「(私は英語の語彙が少ない)…ので、私は上手な日本語で文章を書かなければならない」
とかそういう言い換えとかのチカラもつけていかなければならない、というわけですな。
今日は日本語これくらいにします。笑笑
変なところあったら教えて下さい。吟味した上で直します。(笑)
で、早速なんだけど、浪人って英語は無い…www(これは訳すの勘弁)


If I decide to retry to exam, it makes me want to do various things.
English, it is one of those things.
It is not study in school, but ability in want to talking about.
(not A but B ~ではなく~、ここでは学校で勉強した事ではなく、自分の話したいことを話せる能力)
And, I want Ability to write that I want to write.

I found the writing:In the world, the 80% web page is written in English.
So,If I could read English, I might would read 80% of web page .
(英語読めれば、80%は読めちゃうかもね、的な←上手く出来なかった)
I had positive thinking so I want to become global person!!
(私はポジティブな思考を持っていたからグローバルな人間になりたい!!って意味不明すぎわろた)

I'm sorry to everybody it is Boring planning... Xo
But I will write a blog after Japanese in English.
(つまらん企画でごめんなさい、しかし私は日本語でブログ書いた後に英語書きます。的な(いいのかな))
So,I can't use not good Japanese language... otherwise I can't write in English.
このへんから何行か勘弁。笑
言い換えのチカラを~から。
I have to get ability of paraphrase.(such asみたいな「そのようなー」ってどこに入れるんだろう)
I end write in Japanese language near here.(このへんで日本語おわり、ってなるのかなこれ)
when I used wrong sentence, Please teach me.
Oh,I found it is no word"rounin" in English.(うわもう全然自信ない…やばいこれ怖い)

あってる自信が全然ないからもう本当に怖いっすなこれwww
あー、こわ。こわいけどちゃんと少しずつ作文してかないと駄目だしな、うん。

家族からの/本日の出来事

卒業おめでとうのケーキを頂きました。
20140317211843bfe.jpg
モンブランの丸いやつ。ホールっていうの?(笑)
おいしく皆で食べました。


今日は~、朝、後輩にスーパー久しぶりに会いました!え、何年ぶりだったんだろう…相変わらず良い後輩でした()
3月の末のライブのチケットをありがたいことに購入していただけました。
お昼にはNBBの子にも会ってチケットを販売させていただきました。いやーホント皆さん買ってくれてありがとうございます…ホントはね、お金なんか取りたくないんですけどね、出演料が…高すぎる…皆さんご協力ありがとうございます…^^:
そして光陵に行って(またかよ)伴奏合わせしてきました。N先輩ありがとうございました。
やっぱりメトロノーム最強。笑笑
難しい曲ですが、頑張ってチャレンジしていきたいです。

あしたはバンド合わせ。6時間あっという間に終わっちゃうから、有意義に使う努力をしていこう。

なんだかPCでブログ書いてると書きたいことがどんどんたくさんでてきてしまう…www
頑張って抑えつつ継続的に書いていこう。。

今日の出来事

朝起きてからピアノの練習。
前半部分を徹底して弾けるようにする。
後半の第二展開部は音こそ違うが軸は主調中心に動いてい(るような感じがす)るから前半とほぼ同じ動きと見て大丈夫だろう、と。音は。
音色や緊張感の続かせ方は全然違う。
様々な違いをうまく表現できるようにしなければ。なんつって。

お次は部屋の整理。
いらぬものをぱっぱと捨ててしまいジャンルごとに棚にしまう。思いの外ピアノの楽譜が多い…いろんな曲さらったな。カプースチンのエチュードなんかなかなか知られてない上にカッコイイし、あれさらってる時は楽しかったな~…自分で言うのもあれだけどあの曲弾いてるときは上手かった←

そして夕方はしぐむーさんにお誘いを頂いたコンサートへ!
小品を中心としたプログラムで聴いていて癒されました。ああいう柔らかい音色を、目指すべきなんだろうなあ…とか思いつつ楽しませていただきました。

初投稿

初めての投稿です!ああ、PCフォームでブログ書くの久しぶりだ…笑
これからもどんどん音楽にのめり込みながら毎日勉強していきたいと思います!

まず、報告事ですね。あの~あれです、芸大受けました。落ちました。笑笑
まーこれはしょうがない。実力不足。…ちょっと運が悪かったとか言い訳もしたい。笑
それからどうしようか考えて、もう一回チャレンジすることに決定。
その中で、練習はもちろん、高校現役時代にサボってきた勉強を自分のペースで少しずつ進めていければと思っている。

高校の古典の先生の言葉が凄い心に残っていて、なんかここでいっちゃうと印象薄くなりそうだから言わないけど、
その言葉のとおりだなと思って思いましてね。はい。なんだよってな。教えませんよってな。笑笑

来年度、というか4月からまた本番も少しずつ増えてきて、5月にはまさかのピアノの発表会…
シューマンのソナタ3番弾いちゃいますよ死にそうですよ。
けど、これほど完成度の高い曲を練習できて凄い幸せです。もう精一杯練習して頑張ります。
サックスの方も、どんどんレパートリー増やして行きたいっすね。浪人ってなんかあんまり世間から良いイメージなさそうだけど(偏見かな)どんどん創造的にクリエイティブにいきます。
いろいろPCのフォームで書くと書きたいことがスラスラ書けるからもっといろいろ書きたくなるんですが、
まずはこの程度にしときましょう。

とりあえず、まー見てくださる人も少ないと思うんですけどこれからも徒然音楽日記と吉尾悠希をよろしくお願いします。笑笑