FC2ブログ

徒然音楽日記(新) Saxophone - Yuki Yoshio

日々の活動の記録

練習開始

ソプラノサックスの練習を始めた。
10月の末に、初カルテット編曲もの、初ソプラノの本番を迎えることになりそうだ。別枠で、テナーも吹くかも?
ハードルはかなり高いが、しっかりベストを尽くしてよい音楽を作っていきたい。
借用楽器とはいえ、状態の良い楽器にも巡り会えてとても良かった。
なんと、セルマーのマーク6。
サイドキーやテーブルキーを実際に見て触ってみて、その高さの差に驚きが隠せなかったが、音程も良かったし高音の抜けも素晴らしく、後は本当に自分の実力次第だなと思った。
しばらくの間、様々な種類のサックスを練習する事になりそうだ。
特にソプラノとテナーは経験が少ないので、経験値になるように積極的に練習していきたい。

アルトの方では、様々な本番に向けて吹き方…特に口の扱いに重点を置いて練習している。
音色の変化が出来るようになりたくて、今までよりもチャンネルを増やして演奏したいと思っている。

休日

昨日、指導のお話をいただいた方のBBQ会に、図々しくも本日参加してきた。
もちろん半分以上が初対面の方でかなり緊張もしたのだが、とても楽しい時間を過ごせてよかった。

普段、やはり学生の身とはいえいろいろな課題に追われる。
いや、絶対他の人に比べたら楽して生きてると思うが、(そもそも比べるものでもないけど)それでも何かに追われながら生きている事は少なくない。実際、6月は自分の技術の壁と編曲(おいおい記事にします)の事をやっていたら一瞬で終わってしまった。後2日あるけれども。

そういうときって、何をしていても不安だったりして、かなりストレスになったりもする。愚痴やネガティブな発言もきっと増える。
そういう中で、そのような不安感を一気に吹き飛ばせるような、本当に楽しい会で、気持ち的にもリフレッシュ出来たし、明日からまた頑張ろうと思い直せて、本当に参加出来てよかったと思っている。

黒板

今日は神奈川まで出向いて中学校のサックスパートの指導を承った。

自分自身大いに自覚しているのだが、数人の前でお話しするのが本当に苦手で(逆に多人数の前とかだと平気だったりする)、このような経験はいつまで経っても慣れない。
今日は黒板をフルに使って、図を用いながら音色のイメージなどについてお話しながら、練習を作っていった。

生徒の皆も一生懸命練習していて、自分自身の刺激にもなった良い一日だった。


大学生活、早いものでもう3ヶ月が終わる。
この3ヶ月で自分には何が出来たのだろう?
自分を取り巻く環境も大きく変わって、刺激がたくさんあって楽しい生活は送れている。
が、その先に繋がるものがいくつ残っているのだろうか?
切り替えをしっかりしながら、また明日からも1日を大切に生きていきたい。

7連符


6連符の連続の中に出てくる7連符の速さは意外に早い。
1単純計算で1.16倍の速さになる。

1.16と数字だけ見れば大したことはないかもしれないが、テンポに換算すれば、60は約69に、120なら約139まで上がる。
写真では連符を分割するようメモ書きがあるが、分割しているほど遅いものでもないのかもしれない。

先日の学内の本番

ここ何日か、やることにやることが重なって予定調整や学習姿勢に乱れが出てしまった。
体力的精神的な疲れだと思うが、皆と比べたらまだまだ楽して生きてる方だと思うし、ちゃんと気合い入れ直さなければと思った。

おととい、火曜日。
大学内での初めての本番だった。
サクソフォン専攻生による演奏会で、自分はグラズノフのカルテットを先輩方と、同級生でサキソフォックスさんのアレンジものを1つ取り上げて演奏した。

実はカルテットを人前で演奏するという事が初めての経験で、準備期間こそ短かったが、そこそこの思い入れはあった。
両方とも、バリトンでの参加をしたが、普段のソロの演奏とは全く感覚が違い、良い曲作りのために論を戦わせたり、様々な経験が出来て、とても勉強になったと思う。
本番の演奏は、お客様からはどう聴こえたか分からないが、自分のベストは尽くせたと思う。

ただ、自分のベストを尽くせる事と聴衆の満足とはイコールにはならない。
常に現状と向き合って、いつか自分のベストが誰かの元気や行動のきっかけになれるような演奏を出来るようになりたいと思う。

次は夏の本番、それから大学初めての試験…カルテットも他楽器とのアンサンブルもまた出来るかもしれないので、様々な事に積極的にチャレンジしていきたい。

オーティス・マーフィー先生のリサイタル

2か月強の間、客員教授として世界的なサクソフォン奏者、オーティス・マーフィー先生が学校にいらっしゃっていた。
1年生は残念ながらレッスンでは見ていただけなかったのだけれども、先輩のレッスンを聴講したり、慣れない英語でほんの少しお話させて頂いたりした。
初対面の時が、既に6月に入った時でほぼほぼ客員教授の任期を終えてしまうような時だったのだが、すぐに顔と名前を覚えてくださって、顔を合わせた回数は少なかったがいつでも明るく声を掛けてくださったのが印象にとても残っている。もう少し英語しゃべれる人でありたかった…とこの時ばかりは切実に思った。

そんな先生の、リサイタルが学内の大ホールで行われた。
プログラムはとても重厚で、何日も前から楽しみにしていた。


自分の思ったことを、書き記しておく。
まず、レパートリー。
先生は選曲が幅広く、サクソフォンのための古典作品から、トランスクリプション、現代モノまで、本当に縦横無尽だった。
音色や技術のこと。サイドキーの使用頻度が高かったのが印象的だった。
フィンガリングのための替え指だけでなく、音色としての替え指というカードが自分にはないと気づいた。
拡張奏法も散見されたが、あくまで芸術としてほどよい表現だったのも衝撃的だった。
自分自身、グレッグのデュオ作品にチャレンジしたときは、拡張奏法なんかは演奏するので精一杯で、表現云々ではなくとりあえず雑音のようなものを出していただけになってしまっていたのだと気づいた。
マルチトーンなんかも、あれって吹きこむもんじゃないんだな…とか、、笑
音色はもう本当に本当に美しいの一言で。どんな表現になってもその芯は崩れることはなくて、圧倒的な技術と美しい音色が支えあって、音楽をしているんだなー…と。

いや、ほんと、手が真っ赤になって痛くなるくらいまで拍手したと思う。
自分に出来ることは、この体験を忘れずに努力し続けることだけだ、とも思った。

自分の夢を叶えて生きている人って、やっぱり本当にすごい。
自分もそうなりたい。改めて強く思い直した。

自分の目標へのモチベーションに強く繋がった。また明日からも地道に謙虚に生きてこう。
明日出来ることを、全力で!!

文化と数字

フランス語の授業で、13という数字についての話になった。
13という数字は西洋において、日本でいう4とか9みたいな数字の扱いらしい。

詳細な知識には及ばなくとも、なんとなく連想するものはある。
円卓の騎士、トランプの王、ユダ、素数…

比較対象として、12という数字が使われるものは数多く存在する。
1ダース、時計、1年の月、1オクターブの半音の数。。。

約数である12に対しての素数の13というのは、不調和であるから云云かんぬん…とか。


なんだか、後々ネタとして使えそうなのでメモっておく。

日記

学校生活している中で、日記を書くというのは難しい事だと思うのは自分だけだろうか。
授業の内容は毎回違う、練習する内容も全く違う…同じ日なんて、一度も無いはずなのにどうして、普通の日というのは出来るのだろう。不思議なもんです。

多分、学校生活の事が毎日めっちゃたくさんかける人って多分、本当に人の事とか考えられる人なんだろうな…とかちょっと今思った。もちろん日記やって無い人がそうじゃないとかそういうんじゃなくてですね。
一日を振り返って何かにアウトプットするときって、やっぱり誰かを思い出したりすると思うんです。

このブログも、どこまで続くのか分からないけど、10年後20年後にもし見返す機会があったら、
ああこいつ当時は当時で幸せだったんだなとか伝われば本当にいいな…うんうん、笑

4時間

「1日の練習時間は、4時間以上必要ない」−なんていう言葉を発見した。
もちろんさらっている曲数や、現在の状況からそれ以上になる事だって、それ以下だってあると思うが、どうなのだろう。

他のするべき事とか考えたら学生生活のうちなんて4時間も出来たら十分な方なのかもしれないが、それでも今の自分には時間が足りていないと思う。
ただね、あの言葉の続き。
4時間以上の練習は、練習の方法が悪い、って。

という訳で、様々な練習方法を模索している。
何に時間がかかるのか、何に時間をかけるべきなのか…目標は何なのか…
とにかく頭を使って頑張る頑張るですね。うんうん。

改造


以前まで使っていたストラップ。
バードストラップは5年ほど前からずっと使っているが、2年前にフック部分が切れてしまい、それから改造をして、使い続けていた。
が、今回プレートをワイドのものに替えたいと思い、ついに交換することにした。
ついでに紐も。
バードストラップのバリエーションは本当に豊富で、選ぶだけでも楽しいですね*\(^o^)/*


これは作業中の様子…全分解した写真。


これは改造後の。
紐を濃い茶色に、プレートの色はチタン。なかなかチタンを選ぶ人っていないんじゃなかろうか…笑

実際、プレートのサイズが違うと出てくる音も響きが違う。
自分の場合は、ワイドプレートの方が響きが出ていたが、各個人の首の太さや体格に合わせて替えるのが良いと思う。

自分でストラップを作ったり組み替えたりする楽しさというのもあると思う。

ちなみに写真のストラップの革のパットだが、1番初期?に販売されていたタイプのもので、本来は改造ができないように(クリンチという、写真の金色の部分)が2015年現在の現行モデルとは違うふうになっていた。
そもそも、バードストラップにカスタマイズというのは当初存在しなかった。取り外せる必要もなかったのだ。

メーカーさん側はオススメしない方法かもしれないが、一応クリンチとパッドのあいだの紐を切ってしまえば分解できる。もちろん、そうした後はクリンチとブレード(紐)を別途用意し、組み立て直さないと使うことは出来なくなる。
次のページ