FC2ブログ

徒然音楽日記(新) Saxophone - Yuki Yoshio

日々の活動の記録

課題ばっかりです いつまでも

試験の時の録音を聴きまくっている。
聴く度に準備が足りなかったところ、改善点など思い浮かぶ部分がたくさんある。

自分のベストだ、と 言い切ればそれ以上先の世界を見ることは絶対にできない。
ベストなんて言い切れる瞬間は、芸術には無いのだと思う。
ベストと言ってしまえば、もう円の外から内側を見ることしか出来なくなってしまう。
しかし 一歩進めば、自分が見えていなかったことなど数え切れぬほどある。
芸術の最も魅力的な部分だと思う。自分がまだ気づいてさえいない課題や表現の方法が、具体的な形には何も見えないのに、でも数え切れないほどたくさん存在する。
そんなものを突き詰められるのは本当に幸せだと思うのだ。

そんなわけで、自分のやりたいこととそれがちゃんと出来ないことにもどかしさを感じながら、今日も練習してましたとさ。おしまい。(?)

余白を埋められるような人になってみたいもんです

試験こそ終わったが、まだ忙しい日々は続く。
忙しいというか、大きな課題が沢山残っているという感じだろうか。

しかしもう少し走り抜けられればしばしの安息を得られるので、そこまでどうにか頑張りたい。。
生活リズムも、もう少し整えたい。
早朝にやる事が有るか無いかで、起床時間もあからさまに変わってしまう。
にも関わらず就寝時間はいつも同じなので、不健康そうな感じしかしない。
改善しなければ…多分、練習の質にも関わってくるだろうし、、。

実技試験でした



今日は後期専攻実技試験だった。
Larssonの協奏曲から1楽章を抜粋して演奏した。
ソロパートは命がいくつあっても足りないようなフラジオとレガートが連続し、隅の隅まで歌が求められる難曲だった。
モデラートのテンポの中で速すぎず遅くならず推進力を保ちながら演奏するのも難しかった。
自分なりに最善は尽くしたが課題も多く残っている実感だ。
ただ、伴奏者の好サポートのおかけでなんとか吹き切ることが出来た。

3月には全楽章演奏するので、体力も必要になる。
全く気は抜けないが、楽しんで準備していきたい。
支えてくれた周りの方や先生にも感謝申し上げたい。

もっといい演奏できるように頑張ろう…!

だいたいのテストが終わりました

最近本当に寒い。
寒さに弱いので本当に辛い。

後期の試験も終盤を迎えている。
なんとか乗り越えてきたが、疲労も皆少しずつ溜まってきているのではないだろうか。
どうにか、皆で乗り切っていきたいものである。

しかし最近はあまり健康的な生活が出来ていないようで、体調等にもかなり出てきてしまっている感じがする。
なんかペース変えていきたいなあ…

上昇気味

練習のモチベーションが再び上がってきた。

深夜遅いのでたくさんは書けないが、あの、レゼルブとてもいい感じ。
反応の速さ、音色の好みもかなり自分に近いし、音色の使い分けも面白いくらいでてくる。
使い慣らしていってみたい…かたさだけちょっと調節したいかもしれない。
普段V12の3を使っていた身の人間だが、レゼルブの 3+だと開けた時はいいかもしれないが、数日経つだけでちょっと柔らかすぎるように感じてしまう。
実際、柔らかいので唇に負担が行きやすい。
注意しながら練習していきたい。

プレッシャーかけあい会

略してプレ会である。
この手の試験前のリハーサルの有意義さは半端ではない。
現実を見るのにもモチベーションを改めて上げるのにも非常に役に立つ。

今日の会は広瀬すず(仮名)が声をかけてくれた。広瀬ありがとうm(_ _)m
今回チャレンジしている曲は、L-E.Larssonの協奏曲。
スウェーデンの作曲家であるが、後期ロマン派から12音技法まで様々な作曲法に手を出している。
サクソフォン協奏曲に関しては、かなり明瞭な調性と弦楽器的な発音が印象的な傑作で、その音の並びは北欧の壮大な風景を思い出さずにはいられなくなるような魅力を常に感じさせる。

が…めっちゃ難しい。あかん。
様々な点において課題はまだまだ多いが、その中でもクオリティに関して、重く受け止めたいものがあった。
先日、副科ピアノの先生にも(ピアノで)クオリティについてアドバイスをいただいたが、サックスにおいても全くそのとおりであると思う。
結局、本番一回ですべてが決まってしまうのだ。
自分の現在の技術的な余裕のキャパシティとしっかり相談して、本番は安定感と歌の美しさの部分をしっかり出していけるようにしたい。
3月にはもう少し違うこともできるように引き続きしっかり準備したい。
というか、ほかの楽章も用意しなければ…。

あれ?ブログの記事がひとつ足りない

毎日更新を目標にしていて、毎日やっているつもりなのだが日付が超えてからその日の記事を更新したりで、こんがらがってきてしまった。
どうやら1日分足りていないようなので、足りていなくてああ残念という記事を書いて1.23更新分とする。
ほんと継続って難しい。。、

チラシ届きました

3月に出演させていただくコンサートのチラシとチケットが郵送されてきた。
東京国際芸術協会の新人演奏会オーディションというものにチャレンジし無事合格することが出来た。
ラーションの協奏曲をピアノ伴奏で全曲演奏する。
底が見えぬレベルで難しい難曲であるが、必死にさらっているのでご都合の合う方には是非足を運んでいただければと思っている。

演奏会は3月11日。

自分だけのものなんて絶対にないんです

今日の雑感である。
自分の中だけで解決しているつもりのことも、実はどこかと繋がっているんだよなーという。
とても広い意味で、やはり自分自身のことも大事にしながら生きていかなければならないと思った。
自分を好きでい続けるための努力とでも言い換えようか。

今月末から来月にかけて怒涛だが、後悔のないように挑み続けなければ。

ブログがかけない時

自分が若いゆえに、うぬぼれ抜きで自分が多感である故にブログの更新に困るのではないかと思った。
毎日一定量の記事を書ける精神力というのは、並大抵のことでは出来ないのかもしれない。
やはり、継続力の高い人はすごいと思う…。
次のページ