FC2ブログ

徒然音楽日記(新) Saxophone - Yuki Yoshio

日々の活動の記録

CU

EFの菅山くんがメンバーにいるCUのコンサートを拝聴。
トランペットの方が中心になったそうだが、選曲の目線なども全く違い、興味深かった。
自分でコンサートをする楽しみを思い出させてくれたコンサートだったように思う。もちろん大変なことも多いが。。

CU

EFの菅山くんがメンバーにいるCUのコンサートを拝聴。
トランペットの方が中心になったそうだが、選曲の目線なども全く違い、興味深かった。
自分でコンサートをする楽しみを思い出させてくれたコンサートだったように思う。もちろん大変なことも多いが。。

明日の室内楽発表



明日は室内楽の授業発表。
サクソフォーンという楽器はその皮肉的な利便性ゆえにほかの木管楽器の音色を平気で潰せる音量と表現幅をもっているおかげで、なかなか対等に演奏する(サックスがほかの木管楽器に追いつけるを演奏する)のは体感してる感じ、かなり大変だった。

けどね本当に面白い。
サックスというアイデンティティを持ちながらも、他の楽器のようなアプローチを目指していくというのが本当に楽しい。
ほかの楽器の曲にチャレンジ出来ることもとても良い。しかもかたやオリジナルの楽器と演奏できるなどなんと贅沢なことであろうか!!

アプローチの仕方に迷ったり、自分の演奏の情けなさゆえに辛さを感じたことがなかった訳では無いが、長年のサックスが目指すべき方向性というのは、この機会の中から多く学ぶことが出来たと思っている(もちろん、来年以降も勉強し続けたい)。

サックスという楽器を混ぜた室内楽、手探り状態の中でも一緒に考え、作り上げてくれた仲間たちと先生に感謝の気持ちを込めながら、そして聴いてくださるお客様にも楽しんでいただけるよう精一杯演奏したいと思う。

2016年度 2年室内楽発表
2016年12月15日
17:30開場17:45開演
武蔵野音楽大学 入間キャンパス1-104(オケスタ)
曲目
クーラウ:協奏的三重奏曲
デスティニー:オーボエ、クラリネットとピアノのためのトリオ
プーランク:オーボエ、ファゴットとピアノのためのトリオ
サン=サーンス:デンマークとロシアの民謡による奇想曲
メンデルスゾーン:演奏会用小品 第1番
ゴープファルト:フルート、オーボエとピアノのためのトリオ
フォーレ:ピアノ四重奏曲第1番よりIV.フィナーレ

いやこれはダメでしょって買った焼きそばの話

今日のお昼ご飯である。


興味本位で買ってしまった。
これは、多分人によって好みが分かれる。
偏食を自他ともに認める人なら好きだと思う(そして自分は普通に味わって食べたんだけど、二つ目買えと言われると…です 頂いたら喜んで食べます、多分)。