FC2ブログ

徒然音楽日記(新) Saxophone - Yuki Yoshio

日々の活動の記録

先入観に勝ちたい

【聴いた】
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 op.49
クープラン:演奏会用小品
シューマン:アダージョとアレグロ
カザルス編:鳥の歌

カザルスのCD。1961年にケネディ大統領の前@ホワイトハウスで演奏したライブ録音。

何の気なしにbookoffでCDを漁っていたら見つけた。いつだか忘れてしまったが、コンサートで誰かが「鳥の歌」を演奏していたのがとても印象に残っていて、このCDも「鳥の歌」入っとるやん~聴いてみよ!となんともミーハーな理由で購入した1枚だった。

わざわざ記事にするくらいなのだから素晴らしい演奏だったのは間違いないのだが、例えばー…クープランの作品なんかは大抵標題がついているものだが、この標題を見た時に、自分が如何に強く硬い先入観に囚われているかということを思い知ってしまう。

この演奏会小品の4曲目、5曲目には、嘆き だとか 悪魔の歌 だとか、タイトルが付いているのだが、どちらも暗そうな曲なのに、曲を聴いてみると長調なのだ。

どちらなのか分からない、タイトルだけみて曲の内容を判断してしまう先入観の強さなのか、曲を聴いても、調の長短だけで曲のイメージを決めてしまうのか…
多分、後者だと思う。
だから、シューベルトなんかを聴いても、多分まだちゃんと理解できるような頭は無いのだろうなあとか思ってしまう。つら。笑

音楽は勝ち負けではないのはもちろん分かるのだが、(比較だって単純に出来るものではないし)サクソフォンを手に取って音楽をした時に、自分自身がずっと見えていなかったものが見えてくるようになった。それは、上達に気づいたのではなく、未熟な部分に多くの気づきがあった、というような感じだと思う。

そしてこの気付きは、近い未来にチャレンジしたい曲を浮き立たせる良い機会にもなった、がんばろー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saxophoneyuki.blog.fc2.com/tb.php/373-7ccb85f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)