FC2ブログ

徒然音楽日記(新) Saxophone - Yuki Yoshio

日々の活動の記録

最近の練習、最近の思うこと(エゴたくさんでウザい記事になりました☆)

今日は日本語だけ。()
なんだか英語の記事は2記事に1度みたいなペースが定着しそうである。笑笑

音楽は、クラシック音楽だけではない。サクソフォン専攻の人間として、音楽高校ではクラシック音楽を勉強してきたが、この世界の音楽はクラシック音楽だけではないし、他のジャンルの音楽にも、理屈では説明できないような感動もあるし、その力は計り知れないようなこともある。

月末にはクラシック音楽以外の音楽で本番を経験させていただく機会があり、そちらの方ではアドリブもこなさなければならないし、必要な音色、表現のニュアンス、様々な点に於いてクラシック音楽と全く違うアプローチで挑まなければならず、苦労もしているが充実感もある。
ジャズ、ポップス、映画音楽…様々なジャンル、様々な音楽、シーンが存在するが、やはり魅力的な音楽や旋律は存在すると思う。
クラシック音楽がどうして一部の人からしか支持が得られないか、というのを考えた時に、(今現在の考え)
傲慢な言い方だが、そもそもクラシック音楽という、曲そのものの完成度、価値、作曲技法の高度さ、…そういうものの理解普及がちょっと足りないのではないかと思う。
クラシック音楽にしか表現できない表現というのも確かに存在すると思う。
それは、作曲家が自分の作曲の技術を全て込めて書き、美しい旋律を身を削り生み出し、多彩な感情を和声に描く。
演奏者は、作曲者への敬意、演奏できる環境への感謝、幸せの実感、自分が楽器を通して表現したいこと、このような様々な感情を音として、命を削って磨いた音色で観客を魅了する。
今はなんとなく、自分はそう思っている。クラシック音楽。
曲に関わる全ての人間それぞれが、全力を尽くして物事に挑む。それによって生まれる衝撃こそが、クラシック音楽にしか出来ない表現なのかもしれない。いや、分からないけれど。
分からないし、こんな自分のエゴイズムなんかまあブログに書いても意味ないんだけど。意味ないんだけど、
結局自分のためにブログ書いてるようなもんだし、バカ晒しても若気の至り晒してでも書き残しておこう。

物事に関わる全ての人間が自分の情熱や信念のために全身全霊を込めるのはクラシック音楽に限ったことではないしさらに広く言えば音楽だけの話でもないだろう。
企画、商品、料理、…なんとなくすぐに出てきたのがそういうのだけど、そういうのじゃなくて、やっぱりすべての事に於いて、全身全霊とか全力とか尽くしてる姿勢が、そのプロフェッショナルの精神を支えるんだと思うし、夢とか目標とかに向かって進む原動力になっているんだろうな、と思う。
前々から書いてるけど本当に今の自分はそういう思いや能力が足りないし、自分の音楽へのこだわり、自分の表現したいこと、そういうものが漠然とあったとしても、それを叶えるための努力や方法を考えられたかどうかと言われたら全然そうじゃないと思うし、そんなんではどんなことをやってもダメなままなんだろうなと思ってしまう。

これから浪人の1年間、学校以外の外の世界にたくさん触れることが多くなると思う。
様々な世界をもっと知りたいし、そういうところからどんどん自分にできることを探したい。
自分を動かす原動力になる出来事や、感動する出来事、驚きや刺激をたくさん受けたいし、
そういう外からの刺激を大切に出来るようになりたいし、
自分自身も外に向けて広く、様々なアンテナを張れる人間でありたい。

どんどん、自分で出来る行動はたくさん企画していきたい、
常に自分から、様々な世界に「生産」をしていけるような人間でありたい。

来年度は、録音をいろいろいじりまして、
他楽器とのアンサンブルを必死に研究し、
自分自身の表現の引き出し、音色の引き出し、技術的なレベルアップ…というかもう全部全部レベルアップします頑張ります。死ぬ気で練習します。今まで手抜き過ぎました。適当過ぎる人間で本当にごめんなさい。笑
もう、いい加減本当にまじめにやらなきゃ。姿勢姿勢。姿勢。姿勢。

記事をまとめられなくなってきた。
そろそろ終わりにします。笑笑

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saxophoneyuki.blog.fc2.com/tb.php/8-0d30712d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)