FC2ブログ

徒然音楽日記(新) Saxophone - Yuki Yoshio

日々の活動の記録

シェーンベルクブーム

最近の興味の範疇はシェーンベルク。
そういえば、来年のいわゆる吹奏楽コンクールの課題曲V番に尾方凜斗氏の 吹奏楽のための『幻想曲』―アルノルト・シェーンベルク讃 が選ばれたが、まさにタイムリーといった具合だと感じた。尾方氏の作品は、去年の3月に作曲の会Shiningにてパリンプセストー重ね書きされた吹奏楽のためのーという作品を演奏させていただく機会があったので、そんな馴染みのある作曲家の作品が脚光を浴びた事実に私も嬉しくなっている。直接交友が深いとかそういうわけでは無いのだが、(おこがましいながら)内心ものすごくお祝いしている。笑
吹奏楽の課題曲を演奏する機会というのは、ありそうでなかなか無いものだが、是非音を出してみたいと思っている。
そして、これはどの曲もそうだが…課題曲とはなっているが、課題曲として終わらないような、吹奏楽の大事なレパートリーとして定着していくことを願っている。

ちなみに私が吹奏楽コンクール課題曲で好きなV番は…まあ選べないんだけど、江原大介さんの「躍動する魂」か、山口哲人さんの組曲「薔薇戦争」、谷地村博人さんの「君は林檎の木を植える」あたりだろうか。結局最近の曲ばっかり上げてしまうあたり、自分の吹奏楽の知識まだまだだなと思わされる。笑

話題が逸れまくった。シェーンベルクだ。

多分、書くべくして十二音技法を選んだのだろうなと感じている。
彼の初期作品の美しさは、他の追随を許さない。マジだ。
彼は時代の先に行きすぎていたと思う、マーラーが自分のことをそう言ったように。
新ウィーン楽派という音楽史上の区別がつけられたあまり、いわゆる「現代音楽」…ここでは理解できない皮肉的な意味として…の作曲家としてレッテルが貼られている(ように思う)が、とんでもない。
彼はもう力も創作意欲も有り余って、十二音技法が生まれたのだ。
と、最近彼の作品を色々と聴いていて感じる。
どの時代の人びとも、力の有り余った人が新しいことをはじめ、当時理解されず、後になってその素晴らしさが分かるようになる。そんなものなのだろうか。

1930年代には、ナチス・ドイツ政権が頽廃音楽などというカテゴリを作ったが、これもなんというか…そういうとこだよな~となんとなく思う(つたわれ)

とかく、かなり大きく興味をそそられていて、しばらく色々調べたり読んだりしてみたいと思っているのがこのシェーンベルクだ。また記事にしたいかも。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saxophoneyuki.blog.fc2.com/tb.php/930-53cc0443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)